※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

名子役から有名スターまで、豪華演技派キャストで演技大賞6冠の『会いたい』

切ない気分になりたい、涙で心を洗いたい!そんな気分の方におすすめしたいのがこちら、2012年11月〜2013年1月に韓国で放送された、『会いたい』です。

元・東方神起メンバー、現在JYJとして活動しながら俳優業でも確固たる人気を確立しているパク・ユチョン、そして『コーヒープリンス1号店』や『私に嘘をついてみて』などでラブコメの女王、と言われていたユン・ウネが、涙の女王に変貌を遂げた作品です。

また、主人公2人の少年少女時代を演じたのは、数々の名作に出まくっている天才子役、ヨ・ジングとキム・スヒョン。そしてユチョンの恋敵を演じるのはユ・スンホ。このような豪華キャストの演技力で、その年のMBC演技大賞を6部門で受賞し、高く評価されました。

『会いたい』のメインキャストをご紹介!

イ・スヨン/ジョイ・ルー役 ユン・ウネ

出典: ko.wikipedia.org

名 前: ユン・ウネ (Yoon Eun Hye)
ハングル表記: 윤 은혜
生年月日: 1984年 10月 3日
身長/体重: 168cm, 48kg

1999年人気ダンスグループBaby V.O.Xの追加メンバーとして歌手デビューを果たし、グループの末っ子として活躍していた。2005年グループ脱退を機に女優と歌手の両立を始める。話題となったドラマ『宮』にキャスティングされ、『ブドウ畑のあの男』で主演に抜擢されるなど、女優としての地位を確立した!今後の活躍にも期待が集まる。

ハン・ジョンウ役 パク・ユチョン

出典: ko.wikipedia.org

名 前: ユチョン(JYJ)
ハングル表記: 유천 (ユチョン)
生年月日: 1986年 6月 4日
身長/体重: 180cm,64kg


元東方神起のメンバーでグループ「JYJ」に所属するユチョン。小学高学年~デビュー前まではアメリカで暮らしていた帰国子女。

音楽活動がメインですが、2010年に「トキメキ☆成均館スキャンダル」で初主演を果たし、「屋根部屋のプリンス」「会いたい」など人気ドラマに多数出演しており、俳優としても活躍している。

カン・ヒョンジュン/ハリー・ボリソン役 ユ・スンホ

出典: ko.wikipedia.org

名 前: ユ・スンホ (Yoo Seung Ho)
ハングル表記: 유 승호
生年月日: 1993年 8月 17日

時代劇から現代劇、ドラマから映画と幅広い分野で活躍する天才子役として活躍してきたユ・スンホ。2007年には話題時代劇『太王四神記』と『王と私』で子ども時代を熱演し、注目を浴びた。
子役時代から俳優として名を馳せてきた実力派俳優である。

『会いたい』のあらすじ

父から暴力をふるわれ、父から逃れるため、母と2人で転々としながら生きてきたイ・スヨン。前科8犯だった父は殺人罪で逮捕され、死刑となり父に追われることはなくなったものの、周囲からは“殺人犯の娘”と後ろ指をさされる辛い日々を過ごしていました。

一方、アメリカから帰国したばかりのハン・ジョンウは、偶然出会ったスヨンに興味を抱きます。ずっと孤独だったスヨンと、裕福ながら愛情のない家庭で寂しさを感じていたジョンウ。2人は心の傷を分かち合い、お互いにとってたった一人の友達となるうちに、惹かれ合っていくジョンウとスヨン。

ところがある夜に悲劇的な事件が2人を襲い、スヨンは行方不明に…。14年後。ジョンウは刑事になり、ずっとスヨンを探し続けていました。一方、スヨンは“ジョイ”と改名し過去を封印。デザイナーとしてパリで活躍していました。

そして14年ぶりに、スポンサーであり家族同然の恋人、ハリーと共に韓国に帰国。そんな中、ある捜査の最中、ジョイを見かけたジョンウは、彼女からスヨンの面影を感じます。再会した2人はどうなるのか…

青春時代の初恋、14年の時を経ての再会…涙なしでは見られない、切な過ぎる純愛度100%のラブストーリーです。

中学生時代のジョンウ&スヨンの演技に引き込まれる〜!

第4話までは、ジョンウ&スヨンの中学生時代のストーリー。演じているのは天才子役ヨ・ジングとキム・ソヒョン。この2人の演技力が、状況の苦しさや切なさを露わにしてくれて、辛い状況に眉間にシワが寄りまくります(笑)

そしてこの2人、2012年に放送された時代劇『太陽を抱く月』でも共演。ジングが将来王となる世子、イ・フォンの少年時代を演じ、ソヒョンが、父の陰謀に利用される世子嬪、ユン・ボギョンの少女時代を演じています。

『太陽を抱く月』とは違い心を通わせていく2人の姿にキュンキュンきますよ!

虐待やいじめ、差別、そしてサスペンス・・・恋愛モノとは思えない程緊迫している序盤!

『会いたい』をカテゴリ訳すると純愛ラブストーリーなのですが、第1話含め序盤の少年少女時代は、ラブ、というよりも社会の問題がてんこ盛り。親からの虐待、学校でのいじめ、差別、カネ・・・そしてサスペンス要素あって、ハラハラする要素がてんこ盛り!なので、単なるラブストーリーじゃないところが見応えアリ!

こんな境遇の中、多感な時期に出会った2人なので、絆が強くなり、この先もずっとお互いを想い続ける根底となり、それが重要なポイントになっていくのだろうと思います。

雨が2人の距離を近づけ、そして遠ざける演出が・・・うまい!ニクい!

2人の出会いの場面で、重要な演出をしてくれるのが“雨”。第1話だけで2人が一緒のシーンで2回雨が降るのですが、この雨がスヨンの健気な性格、そして、2人の距離が近づく感じ、そして遠くなる感じどちらも増し増ししてくれます。

きっと第2話以降も“雨”がポイントになるシーンがあるのではないでしょうか!?

早速『会いたい』をお楽しみください!

会いたい

※初めてdTVをご覧になる方は、会員登録が必要になります。

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
会いたい 韓国ドラマ トップへ