※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

『傲慢と偏見』ってどんな作品?

Photo by Connor Tarter on VisualHunt / CC BY-SA

『九家の書 〜千年に一度の恋〜』『相続者たち』のチェ・ジニョク、『奇皇后』のペク・ジニ主演による、検察が舞台のサスペンス・ラブストーリー。

男性らしさ全開の役が多いチェ・ジニョクらしい魅力が存分に発揮されている、入隊前最後の作品。一方ペク・ジニは『奇皇后』や『トライアングル』ではロングヘアの印象が強いが、本作ではショートボブスタイルで、なんとも新鮮なイメージが印象的です。

2014年MBC演技大賞を3部門受賞!視聴率は、最高14.6%を獲得し同時間帯で1位をマークしました。

『傲慢と偏見』のメインキャストをご紹介!

ク・ドンチ役 チェ・ジニョク

出典: ko.wikipedia.org

2006年にKBS「サバイバル・スターオーディション」で本名のキム・テホのまま芸能界デビュー。5000倍の競争率を勝ち抜き優勝し、一気にスポットライトを浴び、人気スターの仲間入りを果たす。
2010年からは、俳優としての変化が必要と考え、“チェ・ジンヒョク”という芸名を使用し、第2の俳優人生を歩む彼の活躍に期待が集まる!

名 前: チェ・ジンヒョク (Choi JinHyuk)
ハングル表記: 최 진혁
生年月日: 1985年 2月 9日
身長/体重: 186cm, 80kg

ハン・ヨルム役 ペク・ジニ

出典: ko.wikipedia.org

名 前: ペク・ジニ (Beak JinHee)
ハングル表記: 백 진희
生年月日: 1990年 2月 8日
身長: 163cm

中学時代に街でスカウトされたことをきっかけにモデルとして活躍している。2008年、映画「人を探しています」で女優デビューを果たし、シネ21が選定する2009年の新人女優に輝いた期待の女優である。

ムン・ヒマン役 チェ・ミンス

出典: ko.wikipedia.org

名 前: チェ・ミンス (Choi Min Soo)
ハングル表記: 최 민수
生年月日: 1962年 5月 1日
身長/体重: 180cm, 74kg

チェ・ミンスは両親ともに俳優であり、タレント一家で育つ。1995年に社会現象ともなったドラマ『砂時計』で注目を浴び、タフガイとしての印象を強めた。2002年には日韓合作映画『ソウル』に出演し日本でも話題となった。
彼の迫力とパワーに圧巻される人も多く、韓国のカリスマ俳優として慕われている。

チョン・チャンギ役 ソン・チャンミン

名 前: ソン・チャンミン(Son Changmin)
ハングル表記: 손창민
生年月日: 1965年 4月24日
身長/体重: 173cm, 64kg

1972年にすでに映画デビューしたおり、実は子役スター出身。1985年に白象芸術大賞男優賞、1986年にKBS演技大賞男優演技賞を受賞する程に若手時代から活躍をしていた実力派である。2001年の映画「ジャングル・ジュース」では、役柄に合わせ、刺青をいれたり、金歯を差し込むなど真摯に役をこなす実力派としての魂が話題になった。

カン・ス役 イ・テファン

名 前: イ・テファン (Lee TaeHwan)
ハングル表記: 이태환
生年月日: 1995年 2月 21日
身長/体重: 188cm, 72kg

イ・テファンはfantagioの新人俳優発掘オーディションに見事合格し、fantagio所属のイケメン俳優5人で構成されたグループ「5urprise(サプライズ)」のメンバーとして活動している。「5urprise」のメンバー全員が俳優であり、メンバーの出演するドラマのサウンドトラックに参加したりなど、映画・ドラマ・バラエティー・音楽とマルチにこなすエンターテイナーグループとして注目されている。

『傲慢と偏見』のあらすじ

仁川地検に研修のため初出勤したヨルム(ペク・ジニ)は、検察庁の前で偶然、元恋人で主席検事のドンチ(チェ・ジニョク)と再会。ドンチはヨルムとの再会に喜ぶが、そんな彼とは対照的に、ヨルムはドンチに「復讐をしに来た」のだと宣言したのだった。

その後、同じチームに配属となった2人は、ある日、露出狂を捕まえるために現場調査に向かうが、そこでドンチはわざとヨルムを困らせる行動を取った上に、ドンチは捜査官ガンスにヨルムと付き合っていたことを暴露してしまう。

2人が付き合っていたのは5年前。付き合って10ヶ月のある日、突然ヨルムがドンチのもとから去って行ってそれっきりだったのだ。ヨルムを本気で愛していたドンチもヨルムに復讐宣言することに。

しかし、本当にヨルムが去っていった理由とは・・・。

犯罪が横行する世の中で、法と原則、愛と正義を信じ悪に立ち向かう検事たち。犯罪被害者のため、必死に戦う彼らの苦悩と奮闘を描いた、異色の法廷サスペンス&ラブドラマ。

時々訪れる胸キュンポイントにキュン率倍増!

Photo on VisualHunt

『傲慢と偏見』は恋愛ドラマ×サスペンス仕立てになっていて、事件を中心にふたりのちょっとしたやりとりが見れるのが面白いです!甘々たっぷりではないですが、事件の間から垣間見ることができる時たまの甘々だからこそキュンが強い作品だと感じました。

ヒロインのヨルムと元恋人であり、上司のドンチは検察であるため、お互い強気な性格ですがふたりの素直になれない感じもたまりません…!

いまだ謎のまま・・・二人が別れた理由とは?

Photo by Evgeny Borisov on Visual hunt / CC BY

ヒロインのヨルムと元恋人のドンチは上司と部下の関係で再会を果たしますが、二人が付き合った経緯や別れた理由などは明らかになっていないのです。

ヨルムはドラマ内で「やっと会えたんだから」と発言していますが、再会してすぐにドンチに「復讐するために来た」と伝えており、再会を喜んでいる雰囲気はありません。。なぜヨルムがドンチに会うために検察になったのか、何を復讐したいのかがとても気になります♪

復讐をするとはいっても、ギクシャクした関係があるようには見えないからこそ余計に二人の過去や進展に目が離せません!

サスペンスの解決劇も見どころ満点☆

Photo by Derek Bridges on Visualhunt.com / CC BY

ラブ×サスペンスドラマであるため、事件の解決劇もなかなか面白いです。複雑な事件性のあるサスペンスではなく、検察として証拠を集めに苦闘するドラマになっているので、初めての方にもわかりやすいストーリー展開でした♪

ヨルムとドンチが所属する民生安定チームは個性派ぞろいで、チーム内で個性がぶつかり合いつつも連携プレーをとっていくやりとりも面白いです♪チーム内のメンバーにもご注目です!

『傲慢と偏見』はdTVで配信中!

『傲慢と偏見』は現在dTVで配信中です!『傲慢と偏見』を見たくなった方は、今すぐdTVで早速視聴してみてください!

(C)2014−5MBC&iMBC

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
傲慢と偏見 トップへ