※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

『応答せよ1997』ってどんな作品?

韓国のケーブルテレビでは視聴率1%取れるとヒット作、と言われているが、『応答せよ1997』は、最高視聴率7.55%を記録した大ヒットドラマ。

2012年と1997年を行ったり来たりしながら高校生の初恋、家族、夢を描き、懐かしさや甘酸っぱさ、「応答せよ中毒者」が続出!制作陣はバラエティ出身者で構成され、「人を楽しませる才能」で、人々を夢中にさせる新感覚のドラマが社会現象まで起こしました。

webや街中では「応答せよ!」のキャッチコピーが多発。1997年のヒット曲やポケベル、たまごっちなどにも再ブームが到来。ドラマにハマりすぎた状態を指す、“応7(ウンチル)廃人”という言葉まで生み出したドラマ。

主なキャストをご紹介!

ユン・ユンジェ役:ソ・イングク

出典: ko.wikipedia.org

名 前: ソ・イングク (Seo In Guk)
ハングル表記: 서인국
生年月日:1987年10月23日
身長/体重: 180cm,68kg

2009年に韓国のオーディション番組「スーパースターK」で72万人の応募者の中から優勝し、歌手としてデビュー。本作で大ブレイクしました。

2013年には、SBS演技大賞・New Star賞を、2014年にはKBS演技大賞・男性新人賞を、2016年にはMBC演技大賞・男性優秀賞を受賞するなど俳優としても大活躍しています。

本作では、非の打ち所のない秀才で判事をしているユン・ユンジェ役を演じています。

ソン・シウォン役:チョン・ウンジ

出典: ja.wikipedia.org

名 前:チョン・ウンジ (Jung Eun-ji)
ハングル表記: 정 은지
生年月日:1993年8月18日
身長/体重: 163cm,47kg

アイドルグループApinkのメインボーカルを担当。本作の翌年である2013年には、tvN「応答せよ1994」にも出演。

本作の役どころとしては、放送作家として働き、トニー・アンへの熱が冷めないシウォン役を演じています。これによって自然な演技が評価されました。

カン・ジュニ役:ホヤ

名 前: イ・ホウォン(ホヤ) (Lee HoWon)
ハングル表記: 이호원
生年月日: 1991年 3月 28日
身長:178cm

人気アイドル「INFINITE」の元メンバー。本作が大ヒットし「演技ドル」に仲間入り。出演以降、数々のドラマに出演しています。2016年には初出演の映画『ヒヤ』が公開。

本作では、校内2位の成績を誇る優等生で、現在は外科医をしているカン・ジュニ役を演じています。

モ・ユジョン役:シン・ソユル

名 前: シン・ソユル (Shin So Yul)
ハングル表記: 신 소율
生年月日: 1987年 8月 5日
身長/体重: 165cm, 47kg

2007年に映画『宮女-クンニョ-』に出演。ドラマ「マイダス」、映画「運命の愛-暴風前夜-」などに出演しています。また、本作以後、ドラマに映画に引っ張りだこの女優としても知られています。

2011年には、第6回クールガイ選抜大会・バイタルウーマン賞、2013年には第21回大韓民国文化芸能大賞・映画部門新人演技賞、2014年にはKBS演技大賞・日々劇部門優秀演技賞を受賞を獲得。

本作では、明るく元気で愛嬌たっぷりなシウォンの親友・モ・ユジョン役を演じています。

パン・ソンジェ役:イ・シオン

名 前: イ・シオン (Lee Si Eon)
ハングル表記: 이 시언
生年月日: 1982年 7月 3日
身長/体重: 176cm, 69kg

本名はイ・ボヨン。大学時代は舞台に立ち、大学では演劇を学んでいた人物。2009年に韓国ドラマ「チング-愛と友情の絆」でデビュー。

その後、「ドクター・チャンプ」、「パラダイス牧場」、『武士ペク・ドンス』などに出演、映画『子供たち』、『パーフェクトゲーム』にも出演しています。

本作では、お調子者で、噂好きのムードメーカー・パン・ソンジェ役を演じています。

ト・ハクチャン役:ウン・ジウォン

出典: ko.wikipedia.org

名 前: ウン・ジウォン(Eun Jiwon)
ハングル表記: 은지원
生年月日: 1978年 6月 8日
身長/体重: 174cm,60kg

1997年から2000年までアイドルグループ「Sechs Kies 」として活動。2001年からはソロ歌手として活動し、2011年にグループ「Clover」を結成しています。

2016年には、第31回ゴールデンディスクベスト男性グループパフォーマンス賞を獲得。

本作では、ソウルからの転校生ト・ハクチャン役を演じています。

『応答せよ1997』のあらすじ

ソウルの居酒屋に集まった30代の男女たち。再会が懐かしく、彼らには笑顔があふれています。今宵、この場で結婚を発表する2人がいるようですが、一体誰なのか?その真相を解き明かすように、彼らが高校生だった1997年の釜山に遡っていきます…。

18歳のソン・シウォン(チョン・ウンジ)はアイドルの大ファンで、勉強そっちのけで毎日そのことばかり考えていました。一方、幼い頃亡くした両親の親友であるシウォンの父母の世話になりながら、兄のテウン(ソン・ジョンホ)に育てられてきたユンジェ(ソ・イングク)は、成績は常にトップで運動神経もいい完璧な男子。

生まれた時からいつも一緒のシウォンとはケンカばかりしていますが、いつの頃からか“ただの幼なじみ”だった彼女に恋心を抱くようになっていました。

現実の男子よりもアイドルに夢中で「恋」だの「愛」だの言われてもピンと来ないシウォンでしたが、ある日、親友ユジョン(シン・ソユル)からユンジェに告白したことを知らされて…。

人気を博した青春ラブストーリー!?ドラマ

Photo via Visualhunt

シウォンがアイドルに夢中になっているシーンは、高校生らしく共感がもて楽しめます。ほんとにチョン・ウンジの演技が自然でリアル。

幼馴染のユンジェとシウォンの関係性にもドキドキ。ユンジェがシウォンからテレビ番組の録画を頼まれるシーンなど、二人だからこその距離感が分かりやすく描かれています。

ユンジェのイケメンぶりが女子にはたまらない。愛おしく思えるに違いありません。

気になる結末まで目が離せません!

Photo via Visualhunt.com

一方で、共に高校時代を過ごした仲間たちの存在も面白おかしく見ることができます。学校でグループでお昼を食べるシーンは、あなたの高校生時代を思い出させてくれるかも!?

さらに、シウォンの両親もなかなかのキャラ。特にシウォン父は、感情爆発なシーンが多く結構ツボになる人も多いかと…。

そして、最も気になるのは、物語の冒頭の「今日、結婚を発表するカップルがいる」という言葉。果たして、誰が誰と結婚するのか、シウォンとユンジェは幼なじみ以上の関係になるのか…。第2話以降も気になります。

『応答せよ1997』はdTVで配信中!

『応答せよ1997』は現在dTVで配信中です!『応答せよ1997』を見たくなった方は、今すぐdTVで早速視聴してみてください!

(C)CJ E&M CORPORATION

関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
応答せよ1997 トップへ