※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

高麗によって三国が統一された直後が舞台の『輝くか、狂うか』

時は高麗初期。高句麗、百済、新羅の三国が統一され、現在の中国の一部にあたる幻の国「渤海」を背景に、後継者、抗争、三角関係、男装など、韓国ドラマの王道要素がたっぷり詰まった全24話。

主演は、時代劇も現代劇も、シリアスからコメディまで何でも演じきるスーパー韓流スター、チャン・ヒョク!そして『私はチャン・ボリ』で大ブレイクを果たしたオ・ヨンソが、チャン・ボリを演じた際とはまるで別人な美しき王女として出演。

そして、2006年ミスコリアのイ・ハニ、イム・ジュファンらの共演で4人の輝かしい愛、そして狂おしい愛が交錯するロマンス史劇です。


主なキャスト4人を一挙にご紹介!

ワン・ソ役:チャン・ヒョク

出典: ko.wikipedia.org

名 前: チャン・ヒョク (Jang Hyuk)
ハングル表記: 장혁
生年月日: 1976年 12月 20日
身長/体重: 177cm, 63kg


韓国ニュージェネレーションのカリスマと呼ばれ、デビュー時からその独特の雰囲気で注目を集めているチャン・ヒョク。鍛え上げた見事なプロポーションも魅力です。

主人公のチャン・ヒョクは、高麗の皇子ワン・ソを演じます。強くてカリスマ性が高い一方で心に寂しさを抱えたワン・ソ。

アクション、ラブライン、どのシーンもチャン・ヒョクの魅力がたっぷりです。

シンユル役:オ・ヨンソ

出典: ko.wikipedia.org

名 前: オ・ヨンソ (Oh Yeon Seo)
ハングル表記: 오 연서
生年月日: 1987年 6月 22日
身長/体重: 170cm, 48kg

2002年チョン・ヘビンらと共に3人組ガールズグループ「LUV(ラブ)」としてデビューした歌手出身の女優。

2012年「棚ぼたのあなた」で遅咲きながらブレイク。BIGBANGや2AMのMVにも出演しています。

本作でオ・ヨンソが演じているのは、渤海最後の姫、という身分を隠し商団を統括するヒロインのシンユル。

賢さと優しさ、そして美しさを兼ね備えていながらも数奇な運命に翻弄される姿、そして男装シーンも見どころです。

ファンボ・ヨウォン役:イ・ハニ

出典: ko.wikipedia.org

名 前: イ・ハニ (Lee HoNey)
ハングル表記: 이하늬
生年月日: 1983年 3月 2日
身長/体重: 173cm, 51kg


2006年にミスコリアに輝き、2007年にメキシコで開かれたミスユニバース大会で4位に入り芸能界デビュー。

主な出演作品は「サメ〜愛の黙示録〜」「モダン・ファーマー」など。

本作では、太祖ワン・ゴンの第四夫人の娘でワン・ソの妻。高麗一の美女と言われている一方で相当な野心家ヨウォンを演じています。

ワン・ウク役:イム・ジュファン

出典: ko.wikipedia.org

名 前: イム・ジュファン (Lim Ju Hwan)
ハングル表記: 임 주환
生年月日: 1982年 5月 18日
身長/体重: 186cm, 68kg


2002年モデルとしてデビュー。「雪の女王」で人気を獲得。2009年には表参道でファンミーティングも開催されるほど、日本での人気も高い韓流スターの1人です。

2011年に入隊し、心臓病を患いながらも2013年に除隊しました。

本作では、イ・ハニ演じるヨウォンとの姉弟、そしてソとの異母兄弟かつ互いにシンユルを想う皇子ウクを熱演しています。

『輝くか、狂うか』のあらすじ

高麗を血の海に染める破軍の星の下に生まれ呪われた運命、と言われた高麗の皇子ワン・ソ(チャン・ヒョク)。その運命によって、母からは冷たくされ、父である太祖王建(ナム・ギョンウプ)によって金剛山に追いやられ、そこでのびのび自由に育ちます。

そして月日は流れ、王建はワン・ソへの仕打ちは過去の自分の過ちを認め、また、自身の助けとなって欲しいとワンソを皇居に呼び戻します。しかし王建は、刺客によって命を落としてしまいました。

一方、渤海最後の王女シンユル(オ・ヨンソ)は、天帝の住む場所と言われる紫微星の命運の下に生まれ、渤海を滅ぼし、亡国の王女になるであろう、というお告げを受けて誕生しました。よって生まれてすぐに殺されそうになりますが、なんとか生き延び、美しく成長していました。

そして優れた商才を持ち、その才能を生かして商団の長として活躍しています。そんな対照的な運命の二人が、出会い・・・。

宮廷内での権力抗争、家族への愛、そして運命的な愛を描いたロマンス時代劇です。それでは、第1話の見どころと感想です。


意外!?ほっこりファンタジーのような始まりで、老人が昔話として語り振り返る構成

Photo via Visualhunt.com

激しいアクションシーンが多いと予測していたので、始まりから激しく剣を交えるシーンだろうな・・・と思っていたら意外や意外。ファンタジーなBGMが流れ、かわいい子どもたちが遊ぶシーンです。

そして、劇中でKeyとなるアイテムが登場し、1人の老人が子どもたちに過去を振り返りながら昔話のように話し始めて本編が始まる、といったスタートです。

始まったらやっぱり激しいテンションにスイッチが。このギャップ、この構成の韓国時代劇は新鮮に感じました☆


占術だけで生まれる前から「呪われている運命」だと決めつけられる苦しさ

母が妊娠中から「この子は呪われている」と決めつけられ、誕生後起きる不幸は全て皇子(ワン・ソ)のせい、とされて幼いうちに山奥に追放される、というなんとも過酷な仕打ち。

父からも母からも、いらない子という扱いで山奥の辺鄙な所で大人の手助けなしで暮らすことになるなんて、信じられない!ひどい!と悲しくなりますが・・・そういう時代と環境だったのでしょうね。ワン・ソの笑顔のシーンがより切なくなります。

母親に突き放される時の寂しげな眼差しが、胸を苦しくさせる・・・

父である皇帝 王建に宮廷に、恐らく10年〜15年ぶり位?に呼び戻されたワン・ソ。父との再会では恨み節も多々口にし、本当は父を思っているになかなか始めは素直に接することができません。

そして、母との再会では、一切歓迎モードではない母。自分への愛情のかけらも感じられない視線と言葉、そして行動にあった途端、なんとも寂しげで悲しげな眼差し表情になります。それまで勇ましく闘う姿のシーンもあるのですが、まるで不安でたまらない、悲しみを秘めた子犬のような表情に。

一言も発しないのに、ワン・ソの深い傷、そしてチャン・ヒョクの演技力の高さを実感できる重要な見どころです。

第1話の半分は、渤海(現在の中国)でのシーン。高麗との違いを楽しむ!

第1話の後半は、ワン・ソたちが刺客を追って渤海までやって来ます。渤海とは、高麗のお隣、中国にあたる国。舟場や市場などの街のシーンが出てきますが、詳しくなくてもその建物や衣類、販売されている物などの雰囲気で高麗とは異国だ、ということが分かりますよ。

韓国時代劇、でそんなに頻繁に出てくるわけではない渤海の存在、本作のヒロイン・シンユルは渤海最後にプリンセスです。渤海の文化も気になりますね!


婚礼シーンは中国文化が反映されて、赤!赤!赤!とにかく赤づくし!

ワン・ソとシンユルの婚礼シーン(偽の婚礼ですが。)とにかく赤!赤だらけ!花嫁、花婿、装飾もとにかく赤ばかりなのです。これは、中国では婚礼は赤、そして弔事などの不幸は白、と文化だから。韓国時代劇、そして日本の時代劇では見ない、赤づくし〜な世界がなんだかとっても新鮮です♬

婚礼の儀式の日の夜に2人が話した内容で、出会ったばかりの2人の心は通い始め、始まりの予感が♡これから2人はどうなっていくのか、そしてワン・ソは「目的」を果たせるのか、今後が気になります!



早速『輝くか、狂うか』をお楽しみ下さい!

『輝くか、狂うか』は現在dTVで配信中です!『輝くか、狂うか』を見たくなった方は、今すぐdTVで早速視聴してみてください!

(C)2015 MBC

関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
輝くか 狂うか トップへ