※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

『スターの恋人』ってどんな作品?

出典: ja.wikipedia.org

今回は、日本で最も有名な韓流女優で、韓国本国では国民的に愛されるチェ・ジウと、ユ・ジテ共演によるラブストーリーをご紹介します。

ユ・ジテは、映画を中心に高い演技力が評価されていますが、本作がドラマ初出演。

脚本は「冬のソナタ」「秋の童話」のオ・スヨン、という、チェ・ジウの魅力が存分に発揮されるドラマです。

チェ・ジウが着用した衣装は、なんと200着以上!アジアのトップスター、という役にふさわしい演出が施されているのも見どころ。

そしてドラマの舞台は第4話までは殆ど日本のシーンです。特に奈良でのシーンは重要なシーンが多く、大阪や神戸でも撮影され、1ヶ月もの間日本ロケが敢行されました。

主なキャストを4人 一挙にご紹介!

イ・マリ役:チェ・ジウ

出典: ja.wikipedia.org

名前:チェ・ジウ(Choi Ji Woo)
ハングル表記: 최지우
生年月日: 1975年6月11日
身長/体重:174cm / 50kg

1994年にMBCタレントとしてデビューしたチェ・ジウ。日本で空前の韓流ブームのきっかけになった『冬のソナタ』でヒロインを務め、『天国の階段』でも有名です。"涙の女王"とも呼ばれています。

本作では、実際と同じくアジアNo.1女優役として出演しています。

キム・チョルス役:ユ・ジテ

名 前: ユ・ジテ (Yoo Ji Tae)
ハングル表記: 유 지태
生年月日: 1976年 4月 13日
身長/体重: 186cm, 74kg

映画を中心に活躍しているユ・ジテ。俳優になる前は、ダンサーや長身を活かしモデルとして活躍していました。

2000年に映画『同感』によって映画界の大スターとなり、その才能は映画監督としても発揮され韓国映画界では欠かせない存在となっています。

本作はドラマ初出演作。大学講師で、学費や難病の妹の治療費のために元彼女からお金を借りるしかなくなり、どうしても返したいためにゴーストライターの仕事を引き受けるチョルス役で出演。その他のドラマ出演は、チ・チャンウク主演『ヒーラー』のみという、ドラマ出演は極めて稀です。

チョン・ウジン役:イ・ギウ

出典: ko.wikipedia.org

名 前: イ・ギウ (Lee Ki Woo)
ハングル表記: 이 기우
生年月日: 1981年 10月 23日
身長/体重: 189cm, 79kg

2002年デビューしたイ・ギウ。2006年には森永製菓「ダース」のチョコレートモデルに抜擢されました。

その後映画・ドラマで活躍し2009年11月に入隊。2011年秋、『イケメンラーメン店』で芸能界復帰しました。

本作では、ヒロインのイ・マリを想い続ける国内屈指の財閥の後継者役で出演しています。

チェ・ウニョン役:チャ・イェリョン

出典: ko.wikipedia.org

名 前: チャ・イェリョン (Cha Ye Ryun)
ハングル表記: 차 예련
生年月日: 1985年 7月 16日
身長/体重: 172cm, 48kg
学 歴: 祥明高等学校

モデルとしてデビューし、MVへの出演がブレイクのきっかけとなったチャ・イェリョン。2015年に出演した『華麗なる誘惑』で共演したチュ・サンウクと交際に発展し、2017年に結婚しました。チュ・サンウクのInstagramでは、2人のラブラブな様子を見ることができます。

本作では、チョルスと想い合っているのに「身分が違いすぎる」とチョルスに身を引かれてしまう、有名作家の娘、ウニョン役で出演しています。

『スターの恋人』のあらすじ

小説家を志しながら大学講師として働くキム・チョルス(ユ・ジテ)は、想いを寄せる後輩 チェ・ウニョン(チャ・イェリョン)にお金を返すため、幼馴染のチョン・ビョンジュン ( チョン・ウンテク)からの紹介で、仕方なく代筆のアルバイトを受けました。

実はその仕事は、アジアNo.1の大スター女優、イ・マリ(チェ・ジウ)の本の代筆だったのです!

一方、本の出版の話を知らないマリの元に、十年前に姿を消した初恋の人から写真が届きます。マリは写真を手掛かりに日本の奈良へ向かうと、そこには執筆のために滞在中だったチョルスがいたのでした。

それでは、第1話の見どころと感想です!

冒頭は昔話を語るように、チョルスとマリの人格形成に影響した、つらい生い立ちのシーン。

第1話の冒頭は、キム・チョルスとイ・マリの少年少女期からスタート。2人共平凡とはいい難い、それぞれ寂しい思いや苦労をして過ごします。子役たちの表情やその状況を思うと苦しい気持ちになります(涙)

「愛される喜び」を知らないからこそ、また「愛される喜び」を失ってしまったからこそ、普通の子どもならばしなくてもいい、つらい経験をするチョルスとマリ。この生い立ちは、大人になった人格にも影響していきます。

“アジアNo.1女優”のイ・マリの輝きは、チェ・ジウそのもの!

チェ・ジウ演じるイ・マリは、実際のチェ・ジウと同じくアジアNo.1女優。その美しさ、輝きはファンならずともうっとりです♡

撮影シーンやトーク番組、製作記念パーティなど、スター仕事っぷりそのもの。イ・マリと接するスタッフたちが惚れ惚れしている様子などもチェ・ジウが演じることによってリアリティ指数が高まり、見ているのが楽しくなります。

チョルスの身近な人たちが集うチキンのお店でのテンションが、韓ドラコメディっぽい!

チョルスの家は、伯母が営むチキンのお店の2階。伯母を始め親戚2人、アニキと呼んでいる先輩ビョンジュンなどが登場するシーンは、いつもチキンのお店や伯母たちが住む家のリビングです。

韓国B級グルメではチキンが大人気!ちょっと古い店内なのですが、チキンが美味しそう!そしてかわいいパッケージも気になるところです♪

そして、ビョンジュンや親戚のオバサマたちのハイテンションっぷりやトーク、妄想シーンは、これぞ韓ドラコメディシーン!韓ドラ好きにはたまらない面白さです。

誰もいないはずの場所でピンドンをラッパ飲みするチェ・ジウが、たまらなくかわいい!

出典: visualhunt.com

印象的だったのは、マリとチョルスが出会うシーン。なんとマリが「ドンペリピンク」をラッパ飲みしているのです!

スターといえども、誰も居ないところでは息抜きしたい!ちょっとだけハメを外したい、そう思うのも納得ですよね。

そして、そのシーンのマリが“美しい”というよりも、本当に“かわいい”んです!いたずらっ子っぽくてなんだか無邪気にちょこっと笑う顔も、たまりません!

「ここ、知ってる!」と大声で言いたくなるような、大阪・京都・奈良でのシーンが多い!

冒頭でご紹介した通り、第4話までは日本でのシーンが多い『スターの恋人』。

第1話ではまだそこまでは多くありませんが、大阪芸術大学が実名で登場したり、大阪や京都の街をチョルスが歩いて小説のネタ集めをしていたり、「ここ、知ってる!」「ここで撮影してたんだ〜!」となんだか嬉しくなる見慣れたスポットが登場します。

マリとチョルスが日本で滞在する大邸宅は、奈良女子大学の記念館が使われています。第2話以降は奈良、そして神戸でのシーンが多く、撮影後奈良県は公式でロケ地観光マップを制作するほど日本の自治体全面協力で行われた撮影でした。

神戸のビーナスブリッジや大阪の天保山大観覧車など、有名観光地奈良の遺跡など。

ストーリーの展開のみならず、大スターチェ・ジウと日本の重要文化財のコラボ映像も気になります!

マリとチョルスが日本で滞在する大邸宅は、奈良女子大学の記念館が使われています。そして第2話以降は奈良、そして神戸でのシーンが多く、撮影後奈良県は公式でロケ地観光マップを制作するほど日本の自治体全面協力で行われた撮影でした。

神戸のビーナスブリッジや大阪の天保山大観覧車など、有名観光地奈良の遺跡などがその後の2人の関係でとっても重要スポットとなります!ストーリーの展開のみならず、大スターチェ・ジウと日本の重要文化財のコラボ映像もぜひ楽しみたいですね♪

『スターの恋人』はdTVで配信中!

『スターの恋人』は現在dTVで配信中です!『スターの恋人』を見たくなった方は、今すぐdTVで早速視聴してみてください!

(C)SBS

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
スターの恋人 トップへ