「ミセン ー未生ー」ってどんな作品?

2014年の韓国で「ミセンシンドローム」なる言葉まで生まれるほどの社会現象を巻き起こした話題作です。

原作はサラリーマンのバイブルと称されたWeb漫画で、サラリーマンたちの悲喜交々の人間模様を描きます。

サラリーマン界のリアルなエピソードが描かれているので、新人、上司、女性などすべての層からの共感を得るドラマになりました。

「太陽を抱く月」などに出演し、俳優業でも注目を集める 9人組ボーイズグループ・ZE:Aのイム・シワンと「ドクター異邦人」のカン・ソラが共演したことでも話題になっています。

タイトルの「未生」とは韓国の囲碁用語で、「死に石ではなく“未生”」つまり一見すると死に石にも見えるけれども、まだ死んではいない石のことです。

つまりドラマでは主人公がまだどちらに転ぶかわからない、ということなのでしょう。

「ミセン −未生−」のあらすじ

Photo credit: steeljam via Visual Hunt / CC BY-NC-ND

幼い頃から棋士を目指していたチャン・グレ(イム・シワン)は、父の他界を機にその道をあきらめ、大学にも行けず、26歳になってもバイトにあけくれていました。

しかし母の伝手で、大手総合商社にインターンとして入社しましたが、満足に会社員経験も学歴もないグレはコピーの取り方すらわからず、遅れをとっていました。

同期とチームを組んでのプレゼン発表で合格点を獲得し、なんとか2年間の契約社員として入社し、営業3課に配属されます。

やがて囲碁で培った洞察力を生かして仕事でも微力ながらも課の役に立つようになり、次第に配属先の営業3課のオ課長(イ・ソンミン)やキム代理(キム・デミョン)に認められ、課にはチームワークが生まれつつありました。

一方、グレの同期入社の紅一点、アン・ヨンイ(カン・ソラ)はインターンながらも大きな契約を取り付ける優秀な人材でしたが、入社後配属された資源課では、男性上司から疎まれ、なかなかまともな仕事を与えられずにいました。

「演技ドル」として注目の イム・シワン

「演技ドル」とは「演技ができるアイドル」のことです。

グレを演じたのは、アイドルグループZE:Aのメンバーであるイム・シワン。

彼は、「ミセン」以前にも時代劇「太陽を抱く月」などに出演しており、その演技力から「演技ドル=演技のできるアイドル」のひとりとして注目されていましたが、この作品の出演によって、若手俳優の中でも確固たる地位を確立しました。

その後も、「赤道の男」「スタンバイ」「トライアングル」などの作品に出演しました。

演技の才能を持ったアイドルたちにますます活躍してほしいところですが、最近はアイドルグループのメンバーの俳優転身のニュースが話題を集めています。

所属事務所の契約やスケジュールの関係で、アイドルと俳優の両立は難しいのではないかと言われています…(泣)

社会人経験ゼロのダメ社員!?

Photo via VisualHunt

決して裕福な家庭ではないため新しいスーツも買えず、父のお下がりであるブカブカのスーツを身にまとい、グレはサラリーマン初日を迎えました。

コピーのとり方すらわからず、初めてづくしのためおどおど動いていたグレは、見た目からもダメ社員ぶりが伝わりました…

そんな彼が、特技の囲碁を活かしてどう成長していくのか、注目です!

「ミセン −未生−」はdTVで配信中!

「ミセン −未生−」は現在dTVで配信中です!「ミセン −未生−」を見たくなった方は、今すぐdTVで早速視聴してみてください!

(C)CJ E&M CORPORATION, all rights reserved.

関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
ミセン 未生 トップへ