※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

ハングルが作られた時代の抗争を描いた『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』

今回ご紹介するタイトルは、2011年SBS演技大賞6冠を成し遂げた、『根の深い木』です。主演はチャン・ヒョク、世宗役は、16年ぶりのテレビドラマ出演となるハン・ソッキュが演じます。

韓国では、574年前までは中国の影響で、文字は漢字が使われていました。しかし、朝鮮王朝史上最も天才、と崇められている4代王・世宗が、もっと簡単で庶民にも分かりやすい文字を発明したい、との思いからハングルの誕生、そして普及させました。

このハングルを作った時の王・世宗と、王に信頼を受けながらも仇と狙う青年を軸に、宮廷での権力闘争を描いた歴史的ストーリーで、脚本は『善徳女王』のキム・ヨンヒョンとパク・サンヨンが担当しています。

主なキャストをご紹介!

イ・ド(世宗)役:ハン・ソッキュ

出典: ja.wikipedia.org

名 前: ハン・ソッキュ (Han Suk Kyu)
ハングル表記: 한 석규
生年月日: 1964年 11月 3日
身長/体重: 175cm, 64kg
最終学歴:東国大学 映画演劇学科

声優としてデビューしたハン・ソッキュは、幅広い役をこなす演技派俳優。ドラマにも多く出演していますが、映画を中心に活躍しています。

特に日本でも話題となったのが1999年に公開された『シュリ』。東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、2000年には日本で18億円の興行収入を上げました。

本作には、朝鮮王朝第4代王、世宗役で出演しています。

イ・ド役(青年時代):ソン・ジュンギ

名 前: ソン・ジュンギ (Song Joong Ki)
ハングル表記: 송 중기
生年月日: 1985年 9月 19日
身長/体重: 178cm, 65kg
最終学歴:成均館大学校経営学科

『トキメキ☆成均館スキャンダル』で色男の女林ク・ヨンハ役を好演しアジア各国から注目を浴びたソン・ジュンギ。

2013年陸軍に入隊し、2015年除隊。復帰作となった『太陽の末裔』では、KBS演技大賞を受賞を共演したソン・ヘギョと共に受賞。そして2017年にはソン・ヘギョと入籍しました。

出典: ja.wikipedia.org

カン・チェユン役:チャン・ヒョク

出典: ko.wikipedia.org

名 前: チャン・ヒョク (Jang Hyuk)
ハングル表記: 장혁
生年月日: 1976年 12月 20日
身長/体重: 177cm, 63kg
最終学歴:壇国大学 演劇映画科


デビュー時からその独特の雰囲気で注目を集めているチャン・ヒョク。入隊中の2005年には模範生として表彰されるなど、鍛え上げられた身体も魅力です。

日本にもファンクラブがあり、ファンミーティングやイベントなどで日本に来日もしています。

『チュノ』『IRIS2-アイリス2-:ラスト・ジェネレーション』『運命のように君を愛してる』など数々の人気作に出演しており、本作では武官カン・チェユン役で出演しています。

ソイ役:シン・セギョン

名 前: シン・セギョン (Sin Se Gyeong)
ハングル表記: 신 세경
生年月日: 1990年 7月 29日
身長/体重: 167cm, 48kg
最終学歴:中央大学演劇映画科


9歳で芸能界デビューし、2006年の映画『シンデレラ』出演後に一時活動を中断しましたが、2009年に『善徳女王』で華麗なカムバックを果たしたシン・セギョン。

現代劇にも多く出演していますが本作や『六龍が飛ぶ』などの時代劇でも存在感を発揮しています。

出典: ja.wikipedia.org

『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』のあらすじ

1418年、世宗[イ・ド](ハン・ソッキュ)の正室の父・シム・オン(ハン・インス)が、世宗の父・太宗[テジョン](ペク・ユンシク)の罠にはまり、賜死させられる事件が起きました。沈家の奴婢、ソクサム(チョン・ソギョン)の息子トルポク[のちのカン・チェユン](子役:ヨ・ジング のちのチャン・ヒョク)は、父の死の原因が世宗にあると知り、世宗への復讐を誓います。

やがて、北方で兵士となったチェユンは、金宗瑞将軍の目に留まり、宮殿の護衛を担当する禁軍のひとつ、兼司僕(キョンサボク)の官員として、都へ行きます。

その頃、世宗は密かに人員を集め、朝鮮独自の文字作りを始めていました。そんなさなか、若い学士が宮中で謎の死と遂げ、北方で起きた殺人事件との類似性をチェユンが訴えたことを知った世宗は、チェユンに捜査を任せます。

やがて、この連続殺人事件の裏にかつて太宗によって粛清された鄭道伝(ドチョンジョン)一派の秘密結社「密本(ミルボン)」が絡んでいることが明らかになりますが・・・。

それでは、ハングル誕生、という韓国にとって歴史的な出来事に絡むサスペンス、陰謀などをエキサイティングに描いた『根の深い木』、第1話の感想とみどころです。


これでこそ韓国歴史ドラマ!とにかくスケールが大きくて、韓国歴史ドラマファンにはたまらない!

宮廷のシーンがとにかく豪華絢爛!建物、キャストの数、衣装、なにからなにまでスケールが大きい!韓国歴史ドラマを何度も見ている人も、これから見る人でも「この規模は相当〜だわ!これは大作間違いなし!」と分かります。



拷問シーン、殺されるシーンなど、残虐さも、韓国歴史ドラマらしさ全開!

日本の時代劇に見慣れていると、韓国の時代劇モノの残虐さ、リアルさに目を覆いたくなる人も多いかと思いますが、本作は王道の韓国歴史ドラマ。拷問や、理不尽な暴力、奴婢に対しての扱い、など、第1話からかなり登場します。

このことへの怒りが、主人公の復讐心の根底にあるので、残虐とはいえ今後ストーリーが展開していく中で重要な点となるので、結構たっぷりしっかり描かれます。

光る演技派の子役たち。チェ・サンウがチャン・ヒョクの子供時代を演じるのは2回目!

そんなひどい仕打ちを受ける奴婢たちの中で、主人公・少年トルボクの演技が光ります!暴力的な面はありますが、とても健気に、父を始め弱い人を守ろうとする正義感、第1話からかなり大きな修羅場に遭遇している中、真っ直ぐに生きようとする姿に胸を打たれます。

そんな少年時代はチェ・サンウが熱演。チェ・サンウは現在18歳。数々の名作で子役を務めていますが、実は『マイダス』でもチャン・ヒョク演じるドヒョンの少年時代を演じているんですよ。

ちなみに、もう少し成長した姿は、ヨ・ジングにバトンがつながれ、そしてチャン・ヒョクへ。超演技派の子役たちの姿は絶対に見逃せません!


第1話冒頭から、チャン・ヒョクを拝める!!

韓国歴史ドラマは、子供時代から主人公のルーツを描く作品が多いですよね。本作もそのスタイルなのですが、冒頭は大人になった姿からスタート!主人公本人が過去を回想するよう描き方でストーリーが展開していきます。

つまり、大人になった主人公、チャン・ヒョクを第1話冒頭からその勇姿を拝むことができるのです!これって結構レア!?チャン・ヒョクファンにはたまりませんし、始めてチャン・ヒョク作品をご覧になる方も、きっと見続けたくなっちゃいますね。




骨太本格時代劇の世界にがっつりハマれる作品!

まだまだ第1話では、ハングルの誕生に触れるシーンはありません。これがどうつながっていくのか、気になります。韓国にとって歴史的な偉業を成し遂げた王に関わるストーリー、ということもありギャグ的な笑えるシーンは一切なし。とにかく骨太な時代劇、という印象でした。

真剣に韓国時代劇モノにハマりたい人にとってもおすすめ作品です。日本の時代劇ドラマではなかなか見ることができないほどの壮大な撮影規模で、ぜひがっつりどっぷり、見てみてくださいね。

『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』はdTVで配信中!

『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』は現在dTVで配信中です!『根の深い木 〜世宗大王の誓い〜』を見たくなった方は、今すぐdTVで早速視聴してみてください!

(C)SBS

関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
根の深い木 世宗大王の誓い トップへ