日本の歴史の教科書にも載っている広開土太王の生涯!

『広開土太王』は、2011年に韓国KBSで放送された、4世紀から5世紀に実在し領土を拡大した高句麗第19代王、広開土太王を主人公とした作品です。

KBSの韓国版大河ドラマと呼ばれる、三国時代の英雄伝の3部作(『百済の王-クンチョゴワン』と『大王の夢』)の第2弾。全92話、壮大なスケールで描かれており、最高視聴率は22%!

広開土太王は、高句麗の第19代の王(在位391年 - 412年)のこと。先代の故国壌王の息子で、386年に太子に立てられ、先王の死とともに辛卯年(391年)18歳で王位に就いた。小獸林(ソスリム)王と故国壌(コグギャン)王が築いた基盤で大征服戦争を遂行。

国境の北の燕と南の百済、海の向こうの日本にまで高句麗の強大な力を誇示し、自国を広げ、粛慎(中国東北地方の民族)や東扶余までその威力の前に平伏した。彼が作った最強の高句麗は息子の長壽王に引き継がれ絶頂期を迎える。39歳没。

それでは『広開土太王』のあらすじ、韓国ドラマ入門者の私が第一話を見た感想、キャストをご紹介します。

主なキャスト5人を一挙にご紹介!

タムドク(後の広開土太王):イ・テゴン

名 前: イ・テゴン (Lee Tae-Gon)
ハングル表記: 이태곤
生年月日: 1977年 11月 27日
身長/体重:186cm/76kg
最終学歴:京畿大学 社会体育学科


元々モデルあったイd・テゴンは2005年に「神様、お願い」でドラマ初出演にして主役に抜擢された俳優。爽やかな役で大ブレイクし、その年の「花婿にしたい芸能人」第1位に選ばれ、 SBS演技大賞 ニュースター賞を受賞しました。

2011年本作では、のちに広開土太王となる高句麗の第2王子タムドクを熱演し、KBS演技大賞優秀演技賞を受賞しました。

コウン:キム・スンス

出典: ko.wikipedia.org

名 前: キム・スンス(Kim Sung-soo)
ハングル表記: 김승수
生年月日: 1971年 7月25日
身長/体重:181cm/ 72kg
最終学歴:京畿大学 体育学科



1997年にMBCタレントとなり1998年「愛し方が分からない」でドラマデビューした、キム・スンス。

大ヒットドラマ「ホジュン 宮廷医官への道」では、光海君役で出演し、「朱蒙」では主人公のライバル役としてブレイクしました。

本作では、皇子タクドムの親友で、後に後燕(こうえん)の王族の養子になり、後に王座につくコウン役で出演しています。

慕容宝(ぼよう・ほう):イム・ホ

名 前: イム・ホ (Im Ho)
ハングル表記: 임 호
生年月日: 1970年 1月 27日
身長/体重: 174cm, 64kg
最終学歴: 中央大学芸術大学院 芸術学


父親は時代劇専門の放送作家のイム・ホ。1998年に「大王の道」に思悼世子役として出演し、その後歴史的大ヒットとなった「ホジュン 宮廷医官への道」そして本作や「風の絵師」「善徳女王」など、時代劇への出演が多い俳優です。

本作では、後燕(こうえん)の皇太子で高麗への侵略を企み、主演のタムドクの命を狙う慕容宝で出演しています。

トヨン:オ・ジウン

出典: ko.wikipedia.org

名 前: オ・ジウン (Oh Ji Eun)
ハングル表記: 오지은
生年月日: 1981年 12月 30日
最終学歴:漢陽大学 演劇映画科


2003年短編映画「演劇人オ・スミン」でデビューしたオ・ジウン。大ヒット作「笑って、トンヘ」には、トンヘの恋人の友人役で出演しています。

2014年の「チョヨン」ではクールな新人刑事のソヌ役を好演、「願いを言ってみて」では主役に抜擢されました。

本作では、高句麗の大臣でありタムドクと対立するケヨンスの娘役。そんな立場ながらもタムドクと惹かれあう、難しい立場のヒロインです。

ヤギョン:イ・イネ

出典: ja.wikipedia.org

名前;イ・イネ(Lee In-hye)
ハングル表記:이인혜
生年月日: 1981年2月21日
身長/体重:165cm/ 40kg
最終学歴:高麗大学大学院 言論学科

小中学生時代、合唱団での活動やミュージカル出演していたことがデビューのきっかけとなったイ・イネ。芸能界と学業を両立する努力家で才女であることでも有名で、博士号も取得。

現在、慶星大学デジタルメディア学部専任教授に就任しています。

本作では、女剣士ヤギョン役で出演。激しいアクションシーンも見どころです。

『広開土太王』のあらすじ

北燕と高句麗の戦いを中心に、征服王として知られる主人公タムドクが実は民衆の幸せを願い、戦争を行った、というテーマの元に彼の半生を描いた迫力の全92話。

タムドク(イ・テゴン)はドラマ「太王四神記」(2007年)で俳優ペ・ヨンジュンが務めたタムドクと同一人物だが、このドラマでははるかに情熱的で人情あふれるキャラクターに!

韓国史上、初めて大陸まで領土を広げた征服王 偉大な王の民への愛高句麗王の第2王子として生まれたタムドク(後の広開土太王クァンゲトテワン)は権力争いから逃れるため王子としての生き方より将軍としての生き方を選ぶ。

高句麗への侵攻を止まない後燕の皇帝慕容垂と皇太子慕容宝。高句麗の国相ケヨンスは後燕に密偵として潜伏している息子コウンからの情報を頼りに戦略を出すが他の大臣から猛反対が・・・。

このドラマは、韓国人が尊敬する歴史上の人物の1人である広開土太王の半生を史実に沿った骨太な正統派史劇です!

広開土太王を演じるイ・テゴンの迫力ある演技に注目!

Photo credit: KOREA.NET - Official page of the Republic of Korea via Visualhunt.com / CC BY-SA

韓国人が好きな歴史上の人物の1人である広開土太王は、何度もドラマ化されており、あのヨン様ことぺ・ヨンジュンも『太王四神記』(2007年)で演じています。
『太王四神記』はタムドクを主人公に描いたファンタジー歴史ドラマだったのに対して、今回は歴史に史実に沿った骨太な正統派ドラマに!!

タムドクを演じたイ・テゴンは、新人ながら主演した2005年SBS『神様、お願い』で、最高視聴率44.5%を記録し、日本でも人気のある俳優の1人です。
このドラマでは、体を張った激しいアクションシーンや低音のイケメンボイスを生かした演技で話題に。
小学生から女性まで幅広い層から支持を得られる「フレッシュな時代劇」を自ら監督に提案するほど、力を入れた演技は注目です!


壮大なスケールで描く戦いのシーンは圧巻!

Photo credit: TsaiYuting via Visualhunt.com / CC BY-NC

このドラマは、高句麗と後燕(五胡十六国に含まれる国)との戦いと、タムドクとコ・ウンとの関係を中心にストーリーが進むので戦いシーンがメインになっています。

長編の歴史ドラマでは主人公の誕生から死まで描かれることが多いですが、このドラマでは最初からすでに、北方の死神将軍として怖れられる若者タムドクの姿で登場し、西洋の征服王アレクサンドロスと呼ばれている時代をメインにしているので、戦いシーン満載!!

戦いのシーンは、迫力はもちろん俳優の表情や華のある衣装など細部にこだわった作りになっているので、他の歴史ドラマでギブアップした人にもぜひおすすめしたい作品です!

ヒゲ男フェチにはたまらない!!

韓国は儒教の国です。
儒教では、髪の毛ですら「親から貰った大切な身体の一部」という考えから、髪を切ることはないと言う事で、老若男女生まれた時から一度も髪を切らない、髭も剃りません。

ドラマに出演する男性陣のひげに注目です!

『広開土太王』はdTVで配信中!

『広開土太王』は現在dTVで配信中です!『広開土太王』を見たくなった方は、今すぐdTVで早速視聴してみてください!

(C)KBS&KBS Media All rights reserved.

関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
広開土太王 トップへ