※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

キム・ユジョン プロフィール

出典: ja.wikipedia.org

5歳で子役デビューし、名作のヒロインの少女時代を演じてきたキム・ユジョンさん。演技力が凄まじい子役として揺るぎない地位を確立してきました。

そして現在18歳に成長。ドラマ以外にもCMやモデル、「SBS人気歌謡」のMCを務めるなど幅広い活躍をしています。

最近ではパク・ボゴムさんと共に『雲が描いた月明かり』で主役を務めました。

キム・ユジョンのプロフィール情報

名前キム・ユジョン (Kim You Jung)
ハングル表記김유정
生年月日1999年 9月 22日
身長160 cm

キム・ユジョンの出演作品

キム・ユジョンさんの出演している韓国ドラマを新しい順にご紹介しています。

公開年作品名
2016雲が描いた月明かり
2015アングリーママ
2013黄金の虹
2012太陽を抱く月
2011階伯(ケベク)
2010カボチャの花の純情
2010欲望の炎
2010九尾狐(クミホ)伝~愛と哀しみの母~
2010ロードナンバーワン
2010トンイ
2009天使の誘惑
2009タムナ~Love the Island
2009善徳女王
2009カインとアベル
2008風の絵師
2008イルジメ(一枝梅)
2008強敵たち
2007ニューハート
2007いい加減な興信所
2006姉さん
2006人生よ、ありがとう
2004氷点

dTVで配信中の出演韓国ドラマ

dTVで配信中のキム・ユジョンさんが出演している韓国ドラマをご紹介しています。

トンイ

身分の低い者が住む村の娘・トンイは、ある日瀕死の状態で倒れていた高官を発見し命を助けるが…。キム・ユジョンは、健気なトンイの少女時代を演じます。

秘密の扉

ハン・ソッキュ主演、朝鮮王朝の“謎”と“悲劇”を描いた宮廷ミステリー時代劇。世子のイ・ソンは画員のシン・フンボクを連れ、身分を隠して街に出掛ける。国法で禁じられた貸本の取引を試みたふたりは武官にあやしまれる。

キム・ユジョンは、貸本屋の娘で天才小説家の役です。

秘密の扉

(C)SBS

ロードナンバーワン

朝鮮戦争を背景に、歴史と運命の大きな渦に呑み込まれた3人の男女の切ない愛と友情を描いたスペクタクル感動巨編。

dTVで配信中の出演韓国映画

dTVでは韓国ドラマだけでなく、映画がたくさん見られるのも嬉しいところ。キム・ユジュンが出演している話題の韓国映画もご紹介しておきましょう。

大好きだから

映画「猟奇的な彼女」でもおなじみのチャ・テヒョン主演の笑いあり・時々涙ありのラブファンタジー。

深刻なトラブルに巻き込まれてもどこか緊張感がなく、笑いながらもいつのまにか感情移入し応援してしまう韓国を代表するコメディ男優・チャ・テヒョンの魅力がたっぷりつまったハートフルな作品です。

主人公・イヒョン(チャ・テヒョン)は恋人にプロポーズしようと車を走らせている途中、交通事故にあい、気を失ってしまいます。病院のベッドで目覚めた彼はなぜか女子高生、キム・マリ(キム・ユジョン)の姿になっていて…というのが冒頭のあらすじ。

2人の魂が入れ替わり、元に戻るまでを描いた作品かと思いきや、 イヒョンが次々と他人に乗り移って行き、彼らの抱える問題を間接的に解決していくオムニバス仕立てになっています。

やや場面転換は忙しいものの、それぞれのストーリーがしっかり練りこまれており、最後まで一気に観られる作品に仕上がっています。

主人公のイヒョンが最初に憑依してしまう相手であり、物語全体のキーパーソンとなる女子高生、キム・マリをキム・ヨジュンが演じています。

「憑依された状態」と「通常の状態」の使い分けが難しい役であるにも関わらず、持ち前の演技力で見事に演じきっています。重要な役だけに人物像はもちろん小物に至るまで丁寧に描写され、彼女の透明な魅力を感じられるおすすめの作品です。



殺人の輪廻

「大好きだから」とは正反対に「罪と罰」、「復讐」をテーマに描いた重たい作品です。

10年前に起きたある殺人事件をきっかけに、婚約者を失った青年、ナム・チョルン(ソン・ホジュン)、犯人の娘、ジョンヒョン(キム・ユジョン)、ジョンヒョンを育てる刑事、イ・サンウォン(ソン・ドンイル)を軸に物語が展開します。

「罪を償う」とはどういうことなのか、憎しみから復讐を行うのは果たして正しいことなのか。その悲しみの輪廻から人は脱け出すことができるのかということを真正面から問いかけた作品。

コメディや歴史物と並び、韓国作品の「お家芸」ともいえる愛憎が入り交じったサスペンスに仕上がっていて、剥き出しの人間の感情は生々しく時に恐怖さえ覚えます。

キム・ユジョンの魅力である透明感、優しげな包容力に加えて「陰」の部分を表現することに成功しており、彼女独特の「儚い魅力」を味わえる作品でもあります。

最新作「まず熱く掃除せよ」について


キム・ユジョン出演のドラマ最新作であり、主演作である「まず熱く掃除せよ」。クランクアップまで紆余曲折ありながらも、無事公開されました。ユン・ギュンサンとキム・ユジョン、二人の魅力や作品の背景を考察しながら、本作をご紹介しましょう。

あらすじネタバレ

極度の潔癖症が高じ、自ら清掃会社「掃除の妖精」を立ち上げ、CEOに就任したチャン・ソンギョル(ユン・ギュンサン)。一方で掃除嫌いで「清潔」に無頓着な就活生、キル・オソル(キム・ユジョン)。

ソンギョルの愛用する掃除ロボット「クムジャさん」をひょんなことからオソルが捨てられていると勘違い。そのきっかけからオソルは「掃除の妖精」で働くことになり…というのが冒頭のあらすじ。

生き方や性格、大切にするものまで何もかも正反対の2人が少しづつお互いを意識し、影響を与え合うようになるというロマンス・コメディです。また、2人の過去も物語の重要な鍵になる様子。

また、韓国ドラマの「定番」といえる三角関係もアリ。お掃除ロボ「クムジャさん」の可愛らしさも作品に華を添えています。前途多難な二人の関係の行く末は?ぜひ実際に確かめてみてください。

ユン・ギュンサン

自宅の部屋のほんのわずかな曇りでさえ許さない。着る服はもちろん完全殺菌済み。そんな極度な潔癖症であり、ヒロイン・オソルに振り回されながらも少しづつ変化していく、というのが本作の主人公、チャン・ソンギョルを演じるユン・ギュンサンの役どころです。

高身長であっさり顔の美形、経験に裏打ちされシリアスな役からコミカルな役までも幅広くこなせる確かな演技力で、日・韓問わず高い人気を誇るユン・ギュンサン。

本作でも「神経質で完璧主義、でもどことなく憎めなくて何より誠実で優しい」という役回りが彼のキャラクターとよくマッチしていてところどころ「アドリブ(素)じゃないか?」と驚かされます。ある意味彼にしか作れなかったキャラクターといえるでしょう。

キム・ユジョン

今までのイメージであった「瑞々しくどこか弱々しい透明感」と対極ともいえる「荒々しく前向きでエネルギーに溢れる」コミカルなキャラクターを見事に演じきり、女優としての引き出しをまた1つ広げることに成功したキム・ユジョン。

若干19歳ながら15年以上のキャリアを誇る彼女は本作でさらに「大人っぽさ」「女性らしさ」を加え、今後さらなる活躍が期待されます。

キム・ユジョンの体調不良

本場・韓国では「国民の妹」の愛称で親しまれるキム・ユジョンですが、長い芸歴で初めてともいえる紆余曲折が「まず熱く掃除せよ」制作時にあったようです。撮影中に身体に力が入らなくなるという症状に見舞われ、「甲状腺機能低下」と診断されました。

これを受け当初、2018年4月から放送予定だった本作は撮影の中断を決定。延期を発表します。その後、キム・ユジョンは無事体調が回復し、撮影を再開。ドラマは下半期に放送されることになり、諸説飛び交い不安になったファンを安心させてくれました。

場合によっては降板・配役変更なども起こりえた事態ですが、制作側や事務所の強い希望もあってキム・ユジョンの復帰を待つことを選択。このことからも彼女は代わりのきかない名女優といえそうです。

キム・ユジョン出演のおすすめドラマ①「雲が描いた月明り」

キム・ユジョンの多彩な魅力を味わえる作品はまだまだあります。おすすめの1つ目は代表作といってもよい「雲が描いた月明り」。オンライン小説を原作に映像化した作品で、19世紀の李氏朝鮮を舞台にしたラブロマンスです。最高視聴率25.3%を叩き出した人気作品。

キャスト

本作の主人公、世子イ・ヨンを演じるのは完璧なルックスとそれを鼻にかけない自然な立ち振る舞いで絶大な人気を誇るパク・ポゴム。女性でありながら出生の秘密を隠すため、男装して生きるヒロイン、ホン・ラオン(ホン・サムノム) がキム・ユジョンです。

また、人気アイドルグループB1A4のジニョンがキム・ユンソンを、若手人気俳優クァク・ドンヨン がヨンの護衛兼親友のキム・ビョンヨンを務めるなど、豪華かつ華やかなキャスティングが特徴です。


作品の見どころ

歴史物の重厚感を取り入れながらも、恋愛物として非常に多彩な側面を持つところが本作の魅力です。主人公・ヨンのツンデレキャラ、男性同士の友情、禁断の恋、キム・ユジョン演じる男装女子の揺れる心など、恋愛ドラマが好きであればどこかに引っかかる「ズルい」構成です。

また、これまで「かわいいキャラ」が多かったパク・ポゴムですが、本作ではシリアスな面、男らしく毅然とした面など新たな魅力が発見できます。

同じように「天才子役」のイメージが先行していたキム・ユジョンも「女性らしさ」を感じさせてくれ、脇を彩るキャスティングと相まってとても華やかで美しい雰囲気に仕上がっています。

キム・ユジョン出演のおすすめドラマ②「太陽を抱く月」

子役として圧倒的な存在感を放ち、キム・ユジョンの名を大きく知らしめた名作「太陽を抱く月」。日本でも高い人気を誇ります。フィクションでありながら歴史を感じさせる背景、時にファンタジックで絵画的な風景描写。儚くも美しい物語は韓国で40%越えの視聴率を叩き出した超人気作です。

キャスト

本作の主人公であり、王朝の世子、イ・フォンを演じるのは「星から来たあなた」で高い演技力が評価され、アジア圏でも人気を誇るキム・スヒョン。フォンの子供時代を演じるのはキム・ユジョンと並んで「天才子役」を称されたヨ・ジングです。

フォンと恋に落ちたゆえに運命に翻弄されるヒロイン、ホ・ヨヌには「赤と黒」などでおなじみハン・ガイン。ヨヌの子供時代が本作で圧倒的な存在感を放つキム・ユジョンです。

他にもキム・ミンソやチョン・イルなど演技派で固められた「魅せる」キャスティングが印象的です。


作品の見どころ

文字通り「太陽と月」をテーマの根底に置き、運命に翻弄されながらも生きる人々の心を繊細に描写した本格歴史ラブロマンス。

前半で少女時代のヨヌを演じるキム・ユジョンの、愛くるしさ・無垢さの中にも時折ドキッとさせられる神秘性・妖艶ささえ感じさせる演技。やんちゃで自分の気持ちに戸惑いながらもすでに世継ぎとしての責任を感じさせるヨ・ジングとの掛け合いに目が釘付けになり、時代が変わったあともしばらく喪失感さえ伴います。

しかし、尻すぼみにならないのが本作の凄いところ。韓国ドラマ特有の「ドロドロした権力争い」の描写さえ、どこか絵画的に儚く表現されるところに、関係者全ての執念が見てとれます。作品の没入感を大切にしたい人には特におすすめのドラマです。

キム・ユジョン出演のおすすめドラマ③ラブリーアラン

「元伝説のヤンキーである母親が娘の学校に生徒として潜入する」というコミカルな題材でありながら、裏に潜む学校暴力の問題にも斬り込んだ快作「ラブリーアラン」。また、話の進行に伴ってスケールがどんどん大きくなり、ついには政治的な問題も絡んできます。

キャスト

「親バカ」といってよいほど娘を溺愛し、深い母性と破天荒さを併せ持つ主人公、チョ・ガンジャには高いカリスマ性と知性を感じさせる神秘的なルックスで男女問わず人気を誇る「韓国一の美女」、キム・ヒソン。

疎ましく思いながらも強い正義感は母親譲り、そして心の奥ではきちんと母親を愛している娘、オ・アラン役にキム・ユジョンがキャスティングされています。

また、真面目で引っ込み思案ながら正義感の強い新米教師役にチ・ヒョヌを起用し、彼の柔らかな温度感が殺伐としがちな作品のテーマに安らぎを与えています。


作品の見どころ

34歳で焼肉店を営むガンジャは年頃の娘、アランを溺愛しすぎ疎ましく思われていることが悩みの普通の主婦。ある日、アランが学校でいじめにあっていた親友イギョンをかばったところ、新たな標的にされ精神的に追い詰められてしまいます。

事実を知ったガンジャは問題を解決するために奔走するものの取り合ってもらえません。業を煮やしたガンジャは自ら事実を暴くため転校生として学校に潜入し…というのが冒頭のあらすじです。

「学園モノ」の特徴であるコミカルなやり取りはそのままに、背後にある根深い問題を独力で解決するガンジャの行動力は痛快そのもの。親子の絆を感じさせる暖かみのあるシーンとの対比が魅力的です。

本作のシナリオは公募の中から優秀な作品を選んだもの。ゆえに破綻しがちな大胆な設定を緻密なリアリティでまとめきり、視聴者の共感を感じさせる非常に見ごたえのある仕上がりになっています。


キム・ユジョンの魅力をもっと知って韓国ドラマを楽しもう

2008年、SBSの子役演技大賞を受賞し、「天才子役」として大きな衝撃を与えてからはや10年以上。
愛くるしさと涼やかなルックスはそのままに、キム・ユジョンは大人の女性としての魅力も加えはじめています。

「子役時代がピーク」と評されてしまう俳優も多い中、彼女はこれからさらに高いキャリアを積んでいくことを日・韓問わず期待されている女優です。

多忙なあまり体調管理にはくれぐれも気をつけてもらいたいところですが、新世代のアイコンとなりうるこれからの彼女の活躍に、ぜひ注目してみてください。

また、韓国ドラマをより楽しむためにはdtvがおすすめ。作品数が多く、31日間のお試しキャンペーンもあるので気になった方はチェックしてみてください。







関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
キムユジョン ドラマ トップへ