※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

POINT:

・主演は「2014演技大賞」を受賞したイ・ユリの、親子二代にわたる壮絶な人生の復讐劇!
・最高視聴率22.3%を記録した全102話の大作は、野望や愛憎が絡み合う複雑な人間ドラマで観ごたえがあります。
・回を重ねるごとに明らかになっていく衝撃の事実の連続に、韓国ドラマならではの期待を裏切るられる展開が見る人を飽きさせない一作です。

出生の秘密、事故、悪女の策略など、復讐ドラマに欠かせない要素が目白押し!

主演は、日本でも大ヒットした復讐劇『福寿草』、そして韓国で社会現象を巻き起こした『私はチャン・ボリ!』のイ・ユリ。今や“悪女と言えばイ・ユリ”と言われるほどの国民的女優になった彼女が、本作では、天真爛漫なナヨンと傲慢なドヒの一人二役に挑戦!

対する財閥令嬢セジン役には、『白夜姫』のパク・ハナ。今、韓国で最も熱い新旧の悪女が大激突! あまりの過激さに物議を醸した本作は、回を重ねるごとに視聴率が上昇、最高視聴率22.3%を記録しました。1話30分程度で全102話です。

『凍える華』の主要キャストを一挙にご紹介!

102話にもなる対策なので、キャストも数えきれないほど登場します。実力派ぞろいのキャスト構成で、各話でそれぞれの迫真の演技が光る見どころ満載のドラマです。見た瞬間から夢中で世界観に引き込まれていくこと間違いないでしょう。そんな魅力たっぷりの『凍える華』を演じるキャストたちを紹介いたします。

イ・ナヨン / ペク・ドヒ 役 イ・ユリ

出典: ko.wikipedia.org

名前:イ・ユリ
ハングル表記:이유리
生年月日:1980年1月28日
身長/体重:165cm,43kg


こちらの『凍える華』で演じたナヨンとペク・ドヒは、育った環境も性格も違う二人の女性でしたが、それを見事に演じ分けました。ナヨンが若い時の純粋でかわいらしい慈愛に満ちた姿から、クールで計算高いドヒ、またナヨンが真相にたどり着き復讐に燃える迫力のある姿までを演じ分ける演技力が韓国国内で高く評価されました。

彼女の見せる迫真の演技で、1話進んでいくたびに思わず感情移入してしまうこと間違いなしです。筆者も最終回が近くなると彼女とのお別れが寂しくなるほど気持ちが入ってしまうでしょう。

カン・テジュン役 ソ・ジュニョン

出典: ko.wikipedia.org

名 前: ソ・ジュニョン (Seo Jun Young)
ハングル表記: 서 준영
生年月日: 1987年 4月 24日
身長/体重: 178cm, 65kg

さらに、『ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~』のイ・サンジュン役や、『六龍が飛ぶ』のカン・チャンソンを演じたことでも知られる、人気の高い俳優です。

普段はさわやかなキャラクターの役柄を演じることが多いですが、こちらの『凍える華』では、ピュアな恋をする青年が、目の前に現れる魅力的な女性と野心をそそる権力への誘惑とのはざまで変化していってしまう難しい役柄を熱演しています。

チャン・セジン 役 パク・ハナ

出典: ko.wikipedia.org

名前:パク・ハナ
ハングル表記:박하나
生年月日:1985年07月25日
身長:165cm

2015年にMBC演技大賞の女性新人賞や、第10回アジアモデル賞授賞式で役者部門のニュースター賞を受賞した経歴もあります。

この『凍える華』では、母の異常な執念の影響からか、醜い性格になってしまった高慢な財閥令嬢の役柄を演じています。物語の最後までキーパーソンとして大切な役割を担う役柄で、彼女の演技力が嫌われ役としていかんなく発揮されています。

パク・フィギョン 役 ソン・ジョンホ

名前:ソン・ジョンホ
ハングル表記:송종호
生年月日:1976年10月5日
身長:186cm

ソウルで両親と1人の兄と4人で育ったソン・ジョンホは、少年時代には人見知りの性格で、人前に出ることや注目を集めることを嫌がっていました。しかし、その高い身長と整った顔立ちから、街に出れば多くの人から注目を集める存在へとなっていきました。

そんな彼の人生の大きな転機となったのは1995年のパク・ビョンチョルデザイナーショーに参加したことでした。軽い気持ちでチャレンジしたものの、周囲から思わぬ評価を受け、モデルの仕事を本格的にはじめることになり、俳優としても活躍の場を広げていきました。

俳優としての彼のキャリアを決定づけたのは2009年の「クリスマスに雪は降るの?」です。エリートの役どころを好演して、多くの人にソン・ジョンホの名を印象付けました。彼の声は引く太いセクシーな声なので、ソン・ジョンホ初の時代劇出演であった「王女の男」では言葉の重みを感じる声が役柄とマッチし、威厳のある響きのセリフが印象に残る演技を見せました。

この『凍える華』は2016年のドラマですが、恋愛にトラウマを抱く御曹司が、ヒロインに心の傷をいやされて愛が芽生えていく複雑な心情を見事に演じ切っています。

パク・ユギョン 役 キム・ヘリ

名前:キム・ヘリ
ハングル表記:김혜리
生年月日:1969年12月23日
身長:168cm

小説家のチョ・スビを母に持ち、1988年の第32回ミスコリアの2位を獲得したことをきっかけに19歳でデビューしました。妹のキム・ヘリンもミスコリアに選ばれている美人の家系です。デビュー作は1991年のKBS『そして揺れる船』のココ役でした。1992年にはKBS演技大賞の新人賞を、2001年にはKBS演技大賞の優秀女子演技賞を受賞している、演技派の女優さんです。
この作品『凍えた華』では、一人の男性を奪い合って人生狂わせた悪女であり、娘にもウソをつきつづけ、夫が世話をしようと引き取ってきた子供を苛め抜いたり、娘の結婚相手をいびったり、権力をその手にしようと野望に満ちた醜い争いを繰り広げたり、と悪女全開の演技でドラマのキーパーソンとして活躍をしています。多くの人の人生を狂わせたその権謀術数に満ちた悪女っぷりは、復讐ドラマに欠かせない役柄を果たしました。


チャン・ギョンワン 役 イ・ジョンウォン

名前:イ・ジョンウォン
ハングル表記:이종원
生年月日:1969年9月25日
身長:183cm

1988年のリーボックのCMでブレークした俳優さんです。『若者のひなた』や『青春の罠』などの大ヒット作に出演して、その名声と演劇界での地位を確固たるものとしました。韓国ではよく知られたスポーツマンとしての一面もあり、スポーツを題材にしたドラマにも数多く出演しています。プライベートでも芸能人スノーボードチームを率いたり、野球チーム「ZOMA ZOMA」でセカンドを守る強打者として活躍したりと、恵まれたスポーツセンスのある人物であることがわかります。

この作品『凍える華』では、ナヨンを自分の娘とは知らずに家に保護したものの、ナヨンをいじめる妻と娘をどうすることもできず、愛情深いものの頼りない雰囲気の父親役を演じています。財閥企業の重役としての役割の中で、徐々に真相が明らかになる時にどのように彼が行動するのかにも注目が集まった役柄でした。

パク・マンジェ 役 ユン・ジュサン

名前:ユン・ジュサン
ハングル表記:윤주상
生年月日:1949年6月25日
身長:175cm

1971年に「世代」という劇団を創立し、舞台を中心に活躍してきた俳優さんです。1985年には劇団「民衆」に入団し、TV初出演となったのは1991年のドラマ『黎明の鐘』でした。映画にデビューしたのはその3年後の1994年のことで、イム・グォンテク監督の『太白山脈』への出演でした。

今までで150本以上の舞台に立ちたくさんの賞を獲得してきました。主だった受賞経歴には、1984年と1986年に受賞した第21回および第23回東亜演劇賞の男優主演賞や、1991年に受賞したソウル演劇祭の男優主演賞、1997年に『カラマーゾフの兄弟たち』で受賞した第33回百想芸術大賞演劇部門の演技賞などです。ドラマや映画でも演劇で培った演技力をいかんなく発揮した名演技を披露し、名脇役としてよく知られる俳優になっています。

ドラマ『IRIS』の国家安全局の室長役や、『君の声が聞こえる』の弁護士役、『星になって輝く』の紡績会社の会長役など、真に迫った演技力や、醸し出すベテラン俳優の貫禄を活かした配役で出演しています。

そんなユン・ジュサンは、日本人の役を果たしたこともあります。2001年5月から2002年7月まで放送されたKBS時代劇ドラマ『明成皇后』で演じた、当時の日本の総理大臣である伊藤博文役です。こちらもユン・ジュサンの重みのあるセリフや威厳のあるたたずまい、あふれ出る貫禄を活かした配役になっています。

そんなユン・ジュサンは、今作でも威厳のある役回りであるペクドグループの会長パク・マンジェ役を果たしています。財閥企業の会長ということもあり、息子であるパク・フィギョン(ソン・ジョンホ)へ跡継ぎの話や結婚の話などを持ち出すたびに緊張が走る雰囲気を見事に演じています。韓国のベテラン俳優で名脇役としても知られるユン・ジュサンの演技にも注目して『凍える華』を楽しみましょう。

1話のあらすじと感想

1話では、突然トラックドライバーの運転シーンから始まります。1日の出来事を、時間軸をずらしながら描写していく手法に引き込まれました。まだナヨンもセジンも子供時代なので、家族のかわいらしく幸せな雰囲気が漂っていましたが、激しい口論の末交通事故に遭ってしまう母親ユネの姿を知らないナヨンの可愛さに胸を打たれます。

母と二人で質素な暮らしをしている中でも、幸せな暮らしをしていたナヨン。しかし、誕生日の夜に帰ってこない母は、交通事故に遭ってしまい、もう二度と戻ることはありません。ナヨンの人生にはこれから何が待ち受けているのでしょうか……。

ナヨンが奏でるピアノの音色に引き寄せられて教会に来た少年テジュンは、椅子に腰かけピアノの音色を聞いて目をつぶっています。年若い少年の顔には、悲壮感や人生に疲れたような表情が浮かんでいます。それもそのはず、彼は飲食店を経営する叔父の家で暮らしていますが、叔父夫婦はテジュンのことを厄介者扱いし、雨の中での配達や店の片づけを一人でするよう命じられるのです。

テジュンがナヨンと二人乗りの自転車で帰っていた時の幸せな表情とは打って変わって、家に帰ると、彼のことを愛していない叔父夫婦との生活のつらさを思い出し、別の生き方をしたいと叔父に告げるのです。また、裕福な家で幸福そうに暮らしているものの、大きな秘密を抱えるようになってしまった母ユギョンと暮らしていかなければならないセジン。彼女も実は大きな秘密のもとに産まれた、複雑な運命の持ち主であることに気づいていません……。

複雑な環境に取り巻かれた子供たちの人生がこれからどうなっていくのか、母を失ったナヨンや、同じ飲食店で同じ日に誕生日を祝っていたナヨンそっくりの子供の正体や、その謎の人物との関係がどうなっていくのかなど、ちりばめられた伏線に次回が気になるエピソードでした。

1話を実際に観たときは、少し登場人物の名前や関係がわかりにくかったのですが、じっくりと注意深く観ていると、1話が終わる時には少しずつ概要がつかめてきました。少しずつ点と線がつながっていく上手な演出効果が利いていて、毎話ごとに続きが気になる秀逸な構成を感じました。

『凍える華』のあらすじ

Photo on VisualHunt

母と二人で慎ましく暮らすナヨン(イ・ユリ)は、教会でピアノの練習をするのが唯一の楽しみ。そんなナヨンのピアノの音色に誘われ、教会に通うようになるテジュン(ソ・ジュニョン)。

だが、ナヨンは唯一の家族である母を交通事故で失ってしまう。母の初恋相手であったギョンワンは、ナヨンを引き取り一緒に暮らすが、ナヨンの母からギョンワンを奪った妻のユギョン(キム・ヘリ)はナヨンを疎ましく思っていたのだった。

さらに、娘のセジン(パク・ハナ)も、ナヨンに冷たくする。 ある日、ナヨンはユギョンが隠した母の写真を探していると、母が亡くなる際に握りしめていたイヤリングの片方をユギョンの部屋で見つける。

その姿を見て焦ったユギョンは、ナヨンを養護施設に送ってしまう…。それから、15年後。テジュンとナヨンは将来を約束する仲になっていた。一方っで、セジンは、束縛の激しい夫との離婚が成立したばかり。

ペクドグループに主席で入社したテジュンは、会社からアメリカ留学の提案を受けるのだが、それにはセジンの同行が条件だった。

愛した男に裏切られた女性が復讐の鬼と化す!

Photo on VisualHunt.com

1話でイ・ユリさんはまだ出てこないのですが、予告で釘付けになりました!一人二役を演じたイ・ユリが目つきも行動も全然違って、別人のようでした。演じ分けが流石だなあと思いました。

私は復讐ドラマがあまり好きではないのですが、それでも気になるほど面白かったです。韓国で過激すぎると言われた物語はどれだけのものなのか、続きが気になります!

最高視聴率22.3%!『私はチャン・ボリ!』『福寿草』イ・ユリ主演の復讐劇

Photo credit: Jonathan Kos-Read on Visual hunt / CC BY-ND

主演であるイ・ユリは第6話からの登場です。第6話はたくさんの問題に直面したり、ユギョンのおこなった悪事の真相などを突き止めかけるところまで話が展開したナヨンの少女時代から15年が経ったところから物語がスタートします。ユギョンやセジンとの関係がいったんは切れたものの、ここから運命の糸が激しく絡まり合い、もう一度愛憎の渦に巻き込まれていきます。

母親ユネに続き、娘ナヨンも悪女ユギョンとその娘セジンに苦しめつづけられる運命の残酷さと、それを受けたナヨン、およびイ・ユリが一人二役で演じる双子の妹ペク・ドヒがどのように復讐を果たすのかが、102話にわたる長編ストーリーでつづられていきます。1話30分ほどとはいえ102話すべてを観ていくと、どんどん登場人物への感情移入が深くなっていくので、観れば観るほど夢中になっていくこと間違いなしです。

男女関係のもつれだけではなく、ペクドグループという財閥企業の重要ポストを巡る争いや、醜い野望のぶつかりあいもストーリーの中で展開されていくので、予想以上に人間関係が複雑にもつれ合う展開になっていきます。最終話まで観れば、悲劇に満ちた人生を送ることになってしまったとしても、いつの日にか笑顔で過ごせる日が来る。と希望をくれる一作になることでしょう。

『福寿草』で圧巻の復讐劇を披露した演技力のあるイ・ユリが復讐をいつ果たすことができるのか、幸せそうに見えても瞬時に期待を裏切られる韓国ドラマならではの予想できない展開が見る人を飽きさせない、おすすめの作品です。

『凍える華』はdTVで配信中です!

『私はチャン・ボリ!』『福寿草』のイ・ユリ主演による復讐劇、『凍える華』は現在dTV配信中です。『凍える華』が見たくなった方は、今すぐdTVで視聴してみて下さい!

たくさん観るならdtvがおすすめ

お金を気にすることなくたくさん見たい、お家でのんびりしたい・移動時間を有効に使いたい!という方にはdtvがオススメです。
dtvでは、月額500円という低価格で、アニメや映画はもちろん韓流を含む海外ドラマが12万作品見放題です。
dtvでしか見れない、原作漫画をムービーにした大人気ムービーコミックも。

31日間無料お試し中なので、是非この機会にお試しください。

関連トピック

韓国ドラマの人気まとめ

最近人気の韓国ドラマのまとめランキング

韓国ドラマの人気ランキング

韓国ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの韓国ドラマまとめ

韓国ドラマの新着まとめ

韓国ドラマの最新のまとめ一覧

韓国ドラマの新着記事一覧

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマのトピックからまとめをさがす

韓国ドラマのトピック一覧

韓国ドラマの注目キーワード一覧

韓国ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
凍える華 トップへ